投資をするなら区分マンションがベスト|低リスクが魅力

賃貸管理会社を見極めよう

マンション

受託オーナー数を見よう

賃貸管理に力を入れている不動産会社が、ここ数年で増えてきています。区分マンション投資をするのであれば、賃貸管理能力に優れている不動産会社を選ぶ必要があります。賃貸管理能力に優れていると言えるための条件は、大きく3つあります。1つは賃貸物件情報をその不動産会社だけで独占しているのではなく、他の不動産会社にも提供しているということです。自社だけでなく、他社にも情報を提供していれば、その分、入居希望者が賃貸物件情報に触れる機会が増えます。2つ目は、区分マンションを自社でも保有しているということです。自社で区分マンションを保有することで、賃貸管理のみならず建物管理に必要なノウハウも蓄積されていきます。建物管理のノウハウがある賃貸管理会社であれば、適切なタイミングで建物に関するアドバイスをもらうこともできます。3つ目は入居率と受託オーナー数の伸びです。入居率は、高ければ高いほど良いです。また、受託オーナー数は毎年安定的に増えているかどうかを確認しておきましょう。受託オーナー数が安定的に増えているということであれば、それだけ評判の良い不動産会社だということになります。区分マンションで不動産投資を始めたばかりの人の中には、賃貸管理会社にこだわっていない人も多いです。そして、空室になるたびに家賃を下げられて投資効率が落ちていきます。優秀な賃貸管理会社に委託しておけば、投資効率を維持もしくは上昇させることができます。