投資をするなら区分マンションがベスト|低リスクが魅力

まだ低水準です

つみき

金利が異常に安いです

区分マンションの価格がじわじわと上がってきています。この状況を見て、区分マンションで不動産投資をする時期は終わった、と判断している人も少なくありません。しかし、歴史的に見れば、今の状況はまだまだ安値圏にあります。バブルの頃の区分マンションの価格は今の4倍から5倍にも達していました。しかも、ローン金利も今よりはるかに高く7%や8%が当たり前でした。それでも、値上がり益を見越して、区分マンションを買う人が後を絶たなかったのです。今は、区分マンションの価格が上がったとはいえ、実質利回りで4%から5%を確保することができます。この水準であれば、保有しているだけで、しっかりと収益を上げることができます。また、区分マンションの価格が安かった頃は、デフレーションのどん底だった時であり、今はようやく経済が正常化しつつあります。つまり、今が高いというよりも今までが異常に安かったと言えます。このように考えれば、不動産投資は資産運用手段としてまだまだ魅力的です。しかも、ローン金利が史上最低水準まで下がってきており、なおかつ、金融機関が不動産投資に対するローンを積極的に受け付けています。このような低コストで資金調達をすることができる時期はなかなかありません。上手に活用することで投資の成果を最大化することができます。今のような低水準の金利はいつまでも続くものではありません。不動産投資に関心があるのなら、早めに行動を起こしましょう。