投資をするなら区分マンションがベスト|低リスクが魅力

返済余力ができます

男性

次に挑戦できます

ここ数年、銀行等の金融機関は区分マンションで不動産投資をする人に積極的にローンを組むようになってきました。もしも、区分マンションを買う際にローンを組むのであれば、定期的に繰上げ返済をしていきましょう。繰上げ返済には、2つの方法があります。1つは期間を短縮するという方法であり、もう1つは毎月の返済額を圧縮するという方法です。お勧めは毎月の返済額を圧縮する方法です。なぜならば、ローン審査に影響する返済余力が増えるからです。期間短縮型の繰上げ返済は、支払利息を大きく減らせるという効果がありますが、毎月の返済額は変わりません。そのため、返済余力いっぱいでローンを組むと、完済するまで、返済余力がない状況が続きます。しかし、返済額圧縮型の繰上げ返済をしていけば、毎月の返済額が減り、返済余力が増すので、新たなローンを組むことも可能となります。つまり、ローンの完済を待つことなく、次の区分マンションにチャレンジすることができるのです。また、毎月の返済額が減れば、手元資金が増えるため、他の投資商品に資金を振り向けることもできます。投資機会を逃すことなく、資産運用ができるというわけです。理論的には、期間圧縮型の繰上げ返済の方が返済額圧縮型の繰上げ返済よりも支払利息総額は少なくなりますが、今は歴史的な低金利であるので、どちらを選択しても大きな差はありません。そのため、返済額圧縮型の繰上げ返済をしながら、次の区分マンションを買っていくという投資スタイルが最適な時期と言えます。