投資をするなら区分マンションがベスト|低リスクが魅力

男性

返済余力ができます

不動産投資用の区分マンションを購入するために組んだローンを繰上げ返済していくのであれば、返済額圧縮型の繰上げ返済をしていきましょう。そうすれば、毎月の返済額が少なくなり、返済余力が増すため、完済しないうちに新たなローンを組むことができます。

マンション

賃貸管理会社を見極めよう

区分マンションで不動産投資をするのであれば、優秀な不動産会社に賃貸管理を委託しましょう。優秀な不動産会社が管理していれば、空室リスクが小さくなるだけでなく、安易に家賃を引き下げないため、投資効率も維持もしくは上昇します。

つみき

まだ低水準です

バブル期に比べれば、今の区分マンションの価格は破格と言えます。しかも、ローン金利も史上最低水準となっています。もしも、不動産投資に興味があるのであれば、現在の金利水準がいつまでも続くわけではないので、今のうちに行動することをお勧めします。

初期費用にこだわろう

集合住宅

費用を抑えよう

区分マンション投資をこれから始めようとする人の中には、区分マンションの物件価格分さえ資金を用意すれば良いと考えている人も少なからずいます。しかし、実際には区分マンションを購入する際には、様々な費用がかかります。これらの費用もきちんと考慮して投資を行うようにしましょう。区分マンション投資の初期費用として認識しておかなければならないものは、仲介手数料や登記費用などです。他にも、ローンの事務手数料や不動産取得税も初期費用に含まれるため覚えておきましょう。仲介手数料は不動産会社に支払う手数料であり、3%プラス6万円が上限になっています。3%プラス6万円の仲介手数料を取っている不動産会社がほとんどですが、最近では、物件価格の2%や1%の仲介手数料で仲介をしてくれる不動産会社も見られるようになってきました。なお、区分マンションの売り主が不動産会社である場合には、この仲介手数料がかかりません。ローンの事務手数料は銀行等で不動産投資ローンを組む際にかかってきますので、現金で一括購入する場合には、この事務手数料も不要となります。登記費用は法務局に支払う費用と司法書士に支払う手数料があります。司法書士に支払う手数料は交渉が可能ですので、いくつかの司法書士から見積もりを取ってみるとよいです。不動産所得税については売買時に支払うものではなく、数ヶ月後に請求されてくるものです。数万円から10万円を超える金額になることもあるので、あらかじめ予算として見積もっておくとよいです。初期費用を抑えることができれば、区分マンション投資の投資効率も上がります。物件を選ぶ時と同じくらい、初期費用にもこだわってみましょう。